【少額OK】投資初心者におすすめな資産運用は「投資信託」だけ【コツコツ】

お金

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
2020年6月から少額でコツコツ資産運用してたら、いつの間にか資産がちょっと増えてました。

ここ数年になって投資への注目が集まってます。しかし、投資の知識がないと「投資=何となく怖い…」と思うでしょう。

また、人によっては「少額での資産運用=意味がないこと」と主張もあります。

とはいえ、個人的には『やってみたいと思ったら、100円からでもやってみると良いのでは?』というのが本音でして、初心者は少額投資でコツコツやればいいと思っています。

興味があるなら最小限のリスクで挑戦し、もしダメなら損切りしちゃえばOKです。

この記事の結論

僕は投資初心者だったとき、いろいろな投資にチャレンジしました。そこで学んだのは「投資初心者におすすめの投資=投資信託に少額でコツコツ投資する」ということ。投資なのでリスクはありますが、全世界株式なら大損する可能性は低く、そこそこ安全だと思います。初心者は投資信託に投資すべし。

上記のとおり。
くり返しですが、投資初心者は「投資信託だけをすればいいかな」と思います。

他の投資方法でも少額での資産運用はできます。しかし、時間と労力を使いますし、かなりの勉強量も必要になってきます。

日中に労働して、ヘトヘトで帰ってきた後に投資の勉強を継続できるならOKですが、無理そうなら「投資信託」でコツコツやるのがベターです。

この記事の内容

  • 【少額OK】投資初心者におすすめな資産運用は「投資信託」だけ
  • 投資初心者に「投資信託」をおすすめする理由【デメリットあり】
  • 少額投資ができるサービスを選ぶポイント
  • 少額投資におすすめな証券会社【3つだけ】

【少額OK】投資初心者におすすめな資産運用は「投資信託」だけ


くり返しですが「投資信託」だけです。

そもそも、投資信託とは?

投資信託とは「いろんな投資家から集めたお金を大きな資金としてまとめ、専門家が株式・債券などに投資・運用してくれる商品」です。

投資信託は基本的に「インデックスファンドへの少額投資」を推奨します。なぜなら、手数料が安くて損するリスクが低いからです。反対に「アクティブファンド」という銘柄もありますが、手数料が高め・ハイリスクですので、投資すべきではないです。

まとめると、投資初心者はインデックスファンドへの投資(=インデックス投資)をコツコツやってればOK、ということになります。

インデックス投資とは

インデックス投資とは「株価指数と連動した値動きを目指す投資方法」です。

ニュースや新聞で「東証TOPIX・日経平均株価」などのフレーズを見たことあるかもですが、それが株価指数です。

インデックス投資をするメリットは下記のとおり。

  • 手間がかからない
  • 知識・技術もいらない
  • 損失リスクを抑えられる

インデックス投資は初心者向けの手法ですが、それと同時に「多くのプロ投資家よりもパフォーマンスが高い投資方法」なんですよね。

つまり、損する可能性が低く、プロの投資家みたいに”チャートに張り付いて値動きでメンタルやられる”的なこともない、という話です。

投資をする原則とは

  • その①:世界に幅広く投資すること
  • その②:市場平均に投資すること

これらが投資の原則であり、投資初心者はこれだけやってればOKだと思います。

ちなみに、これは「モダン・ポートフォリオ理論」で解説されてます。

「モダン・ポートフォリオ理論」とは

複数の資産を持つことで、ポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)のリスクを減らすことができる。

投資の世界では「卵を1つのカゴに盛るな」という金言がありますが、これは「資産を一極集中せず、分散させろ」と注意喚起しています。

つまり「世界中に資産を分散させたほうが、最終的には損をしづらい」って話です。

ぶっちゃけ、初心者が頑張って勉強して銘柄選定をしたところで、大半は失敗して終わります。それなら「モダン・ポートフォリオ理論」に素直に従って運用するほうがベターだと思っています。

僕も投資には少し慣れてきましたが、それでも「インデックス運用の投資信託」をやめるつもりは毛頭ありません。なぜなら、こんなに楽して投資できる方法は他にないからです( ̄^ ̄)ゞ

投資初心者に「投資信託」をおすすめする理由【デメリットあり】

  • 理由①:リスクを最小限に抑えられる
  • 理由②:ほったらかしで投資ができる
  • 理由③:タイミングリスクを回避できる

上記3つですね。

理由①:リスクを最小限に抑えられる

投資をするときに1番不安なのが「投資に失敗して損するリスク」ですよね。

しかし投資信託なら、投資に失敗するリスクを考えることなく、投資すること可能です。

もちろん投資なので「リスク0」ではありません。ただ株・FX・暗号資産などに比べたら超ローリスクであり、初心者でも安心して運用することができます。

理由②:ほったらかしで投資ができる

  • 世界に幅広く投資すること
  • 市場平均に投資すること

投資の基本は上記2つだと書きました。

しかし『全世界に幅広く投資するとか、市場平均に投資するとか、自分には絶対ムリ…(´Д` )』と思う人もいるかもですね。

ただ、それも心配ありません。投資信託は、専門家が株式・債券などに投資・運用してくれる商品ですので、お金を入れたらあとはほったらかしでOKです。

何も難しいことはせず、お金を毎月コツコツ投資してればプロがやってくれます。いい時代です\(^o^)/

理由③:タイミングリスクを回避できる

投資はタイミングが命取りになることがあり、1度に資金をつぎ込むとそのタイミングで価格が固定され、損益に大きな影響を与えます。

例えば株式投資では、株価上昇時で株を購入したら、その価格がベースとなります。つまり、「10,000円で買ったら10,000円で固定され、」ということです。

投資信託でのインデックス運用は積立式なので、そういったタイミングのリスクを回避できます。

また、いつでも投資額を変えることができるので『収入が少なくて今月はピンチ!』ってときも、柔軟に対応することが可能です。

しかし、投資信託にもデメリットはある

  • その①:利益が出るのには時間がかかる
  • その②:手数料・税金で損する可能性あり

これらデメリットがあります。

投資信託のインデックス運用は「10年スパンの長期投資」になります。利益が出るタイミングがあとになるので、株トレードのように”すぐ利確をしたい人”には向いてません。インデックス運用の投資信託は「暇」なんです。

それと分配金・売却利益には約20%の税金がかかり、手数料として「販売手数料・信託報酬」の2つが発生します。税金と手数料の合計額、売却するタイミングによっては損をするかもなので、覚えておきましょう。

インデックス運用には損するリスクがないわけでありませんので、そこには要注意です。

少額投資ができるサービスを選ぶポイント

  • その①:始めやすさ
  • その②:コストの安さ
  • その③:購入スタイル

上記3つを軸に考えていきましょう。

その①:始めやすさ

投資はそもそもハードルが高いと感じやすいので、サクッと手軽に始められるサービスを利用すべきです。

よって、数ステップで気軽にスタートできるサービス・証券会社を選ぶといいでしょう。

ちなみに、海外では「ロビンフット」という企業が、超簡単に投資を始められるサービス展開をしています。これが若者に大人気でして、少額投資を気軽にスタートする人が増えているそうです。

つまり何を言いたいかというと、投資へのハードルは世界的にも低くなっていて、投資をしてないと流れに乗り遅れるという話です。

その②:コストの安さ

手数料はバカにできません。チリツモで損をしてしまうこともあります。

その点、ネット証券なら手数料が安く抑えられるので、絶対にネット証券を使いましょう。

対面窓口での販売は「手数料ビジネス」であり、しかも「めちゃ高い商品」を売りつけられます。コスト抑制をするなら、ネット証券一択です。

その③:購入スタイル

基本的に「買う銘柄を決める→そのまま長期でほったらかし」でOK。

僕は全世界株式に1年ちょっと投資してますが、結果としては「+23.6%」になっています。

ずっとほったらかして、毎月自動的に投資してこの結果なので、かなりいい感じかなと思います。※金額が少ないのはご愛嬌でm(_ _)m笑

少額投資におすすめな証券会社【3つだけ】

上記どれかを選べばOK。

3つとも先述した「少額投資ができるサービスを選ぶポイント」を網羅してあり、スマホがあれば投資できます。また3社ともサービス内容や・手数料などに大差ありません。

例えば僕は、楽天カード・楽天銀行をよく使っていたという理由で楽天証券を選びました。今のところ支障はなく、使い勝手も問題ありません。

証券口座を開設する方法

本人確認書類を用意する→ネット証券会社のリンクを開く→指示に従ってポチポチ入力してく

たったこれだけです。5分かからず終わります。

証券口座の開設には審査があり、約1週間くらいで結果が届きます。その後は指示にしたがって手続きをしてもらえればOK。

そうしたら、早速お金を口座に入れて少額投資をスタートしてききましょう\(^o^)/

投資初心者が買うべき商品

口座を開設したら、次は「実際に投資する商品を選ぶ段階」です。

ぶっちゃけ、投資初心者が買うべきなのは「世界経済に一括投資ができる商品」です。

  • eMAXIS Slim全世界株式
  • 全世界株式インデックス・ファンド
  • 全米株式インデックス・ファンド

具体的には上記3つ。

これらはすべて投資の基本である「世界に幅広く投資すること・市場平均に投資すること」という条件も満たしています。

なので、どれか1つに投資すれば、それでミッション完了です。

僕が投資してるのは「全世界株式インデックス・ファンド」だけです。ぐちゃぐちゃと色んなファンドに投資するより管理もしやすく、1つで世界中に投資できるので選びました。

変に銘柄選定なんてしないでサクッと1000円くらい投資しましょう。その方が「自分は投資に向いているのか?」など、経済面の学び以外に”自己理解”も深まると思います。

投資初心者、投資信託でコツコツ資産運用しましょう


投資初心者は、変に「株式投資・FX・仮想通過」などに投資するのは避けた方がいいと思います。なぜなら、深い勉強が必須であり、大損する可能性が投資信託に比べて高いからです。

投資信託は買う銘柄を決めておけば、あとは毎月自動で投資・運用してくれます。思考停止して毎月投資する金額だけ決めて、あとはプロに運用してもらえばOKなんですよね。

投資信託は「暇」なのが問題ですが、投資に思いっきり時間を割ける人なんてほぼいないでしょうし、普通にサラリーマンをしてる人には「投資信託のインデックス運用」が最もピッタリな投資方法でしょう。

  • すぐに利益を出したい
  • 投資の”ハラハラ”を体感したい

こういった人は別の投資手法をやればいいと思います。

しかし、安全にローリスクで資産を増やしたいなら、やはり「投資信託のインデックス運用」しかありません。

おわりに:最低限の貯金はしておこう

それと「最低限の貯金」はあってほうがベターかな、とは思っています。

投資信託のインデックス運用がいくらローリスクとはいえ、やはり”投資”ですので損をすることは当然あります。

損をしたときにどうなるかは人それぞれ。リスク許容度が低いとパニックになり、そのまま投資額をすべて売却したくなる人が中にはいるんですよね。なので、保険として「最低限の貯金」をした上での投資を推奨します。

自分はそんなことないって思うは傲慢なので、マジで貯金はしておくのがベターかと( ̄^ ̄)ゞ

貯金は年収の2分の1くらいあると安心です。もしくは100万円くらいあれば、かなり精神的にも余裕が生まれると思います。
»1年で貯金100万円をつくる方法【ボーナスなしでもOK / 挫折しないコツ】

今回はこれで以上です。
証券口座を開いてお金を入れた瞬間から、あなたの投資家生活がスタートします。ぜひ”今この瞬間から”トライしてみてくださいね。

おすすめのネット証券会社

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】