契約社員で将来が不安なら、行動するしかない件【先延ばしても、変わらない】

Contract employee

  • 契約社員で何年もやってるけど、将来がかなり不安
  • 評価も上場・成果も出してるのに、正社員になれない
  • このままずっと非正規として生きるしかないのかな…

こんなお悩みに答えます。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員販売員」へと転職しました。

契約社員でもガムシャラに働き、成果も出し、上司から評価もされてる。ただ、契約社員であることがシコリになってしまい、将来への不安が尽きないものです。

過去のぼくも同じようなメンタル状態になったことがあるので、気持ちは痛いほどわかります。

どうすれば、このツライ状況を乗り越えられるのか、解説します。

この記事の結論

契約社員として働いてて将来に不安を感じてるなら、解決策はひとつだけ。「行動すること」です。悩んでいても仕方ない。先延ばししても人生が良くなるわけでもない。結局は「自分の行動」しかコントロールできません。なので「不安を解消するための行動」をしましょう。失敗しても経験が資産になる。

上記のとおり。
将来が不安でたまらないなら、今この瞬間に行動することでしか解決できません。

先延ばししても、未来の自分は助けてくれません。今日からスタートしましょう。

この記事の内容

  • 契約社員で将来が不安なら、行動するしかない件
  • 将来の中で生きてても無意味
  • 先延ばしても、人生は良くならない

契約社員で将来が不安なら、行動するしかない件


将来が不安なら、行動していきましょう。

不安になる根源

あなたが不安を感じてる根源は「自信のなさ」ではないですかね。

  • 職歴
  • スキル
  • 実績

正社員に比べて、契約社員はこれらで劣ってしまうことはあります。

どうしても「正社員は優秀・契約社員は無能」となりがちですが、それは現実に即してませんよね。正社員で仕事ができない人もいれば、契約社員で仕事ができる人はいます。

契約社員として働いて不安を感じる原因は「先の不透明さ」とか「契約更新ストップ」だと思いますが、そこにフォーカスして不安で怯え、何も自己研鑽しないのは無意味。

行動例

  • 正社員登用の打診をする
  • スキルアップの場と割り切る
  • 勉強会・セミナーに参加する
  • 副業して個人スキルを高める
  • ためしに、転職活動してみる

ちょっと考えただけでも、行動の候補はいくつも考えられます。

どうでしょう?
これ以外でもOKですが、何か「未来を変える行動」をしてますか?  

注意:『将来のために…』で動かない

ここまで書いた内容を読んで、こう思った人もいるかもですね。

『そしたら、とりあえず役に立ちそうなスキルとかを、身につけるか…』

しかし個人的には、こういったモチベーションで動くことに反対しています。結局は続かないか、行動しないイイワケになるだけだからです。

それなら「契約社員で勤めてる現職のスキルを極めまくる」とか、今あるものを尖らせていくほうがベターです。

「影響の輪」の中で、生きていこう

「影響の輪」は、つまり”自分のコントロールできること”だけを意識しようということ。

  • 自分の言動・行動
  • 今、何をするか
  • 未来に向けてどう動くか

たとえば上記などです。

逆に”自分のコントロール外のこと”を「関心の輪」といいます。

  • 他人の言動・行動
  • 未来の結果
  • 上司・お客様からの評価

上記のとおりで「将来の不安」は起こるかどうかはわからないし、コントロール不可能です。

とはいえ「将来の 不安を解消するための行動」を起こすことは、あなたのコントロールできることです。なので今この瞬間に、動きましょう。

※超わかりやすいツイートがあるので、添付しておきますm(_ _)m

結論:将来の中で生きてても無意味

ここまでの内容は『将来の中で生きてても無意味』というワードに集約されます。

また、2020年から『同一労働同一賃金』が適用されました。既得権益だった正社員のメリットが、どんどん薄くなる未来もあるかもしれません。

つまり、正社員の将来・契約社員の将来の両方とも、誰も予想はできません。

『契約社員だから将来が不安…』と嘆いてばかりいないで、不安解消のために行動することが大事ですよ。

具体的な行動

繰り返しですが、リマインドのためにもう一度。

  • 正社員登用の打診をする
  • スキルアップの場と割り切る
  • 勉強会・セミナーに参加する
  • 副業して個人スキルを高める
  • ためしに、転職活動してみる

上記のとおり。

これからは「勉強をし続けることが必須の時代」といわれています。

  • これまで:「勉強→仕事→引退」の3ステージ
  • これから:「勉強→仕事→勉強→仕事→引退」のマルチステージ

さきほどの行動例は、どれも共通して「新しいモノゴトの勉強が必須」です。

『LIFESHIFT』という本で広く知られたことなので、未読の人はこれを機に読んでみましょう。

先延ばしても、人生は良くならない【原因と対策】


先延ばしは、未来の自分に問題を丸投げしてるだけです。

「先延ばし=現状維持」です。
こちらをチョイスする人が大半なので、行動するだけで、差別化できます。

先延ばししてしまう原因

結論、人生は有限だと理解してないからです。

ローマの哲学者セネカという人は、こんな名言を残しています。

過去を忘れ、現在をおろそかにし、未来を恐れる者の生涯は短く、悩み事が多い。『人生の短さについて』

どうでしょう。
思い当たる節はないですか?

もし明日で人生が終わるとしたら、きっと行動しなかったことを後悔しますよ。

先延ばさないための解決策

「未来への期待・恐怖を持たないこと」が、解決策になります。

  • もう少し安くなったら買おう
  • 食事を誘って断られたらどうしよう
  • いつか転職したいな

これらはすべて「未来への期待・恐怖」があるから発生することです。

契約社員の将来の不安は、下記の感じですよね。

  • 次で契約更新がストップしたら…
  • このまま正社員になれないまま…?
  • もし切られたら次が決まるかな…

これら不安を解消するには、さっきの5つの行動例が効果的だと思います。

行動すれば、資産が残る

たとえば「副業」をするにしても、成果が出ずに失敗するかもしれません。とはいえ、副業で得たスキルはあなたに残ります。それを別のことに活かせばOK。

また『副業できる会社じゃない!』という人もいるでしょう。とはいえ、それなら「副業できる会社に転職活動をしてみる」とか、別の行動にシフトすることが可能です。
»【朗報】契約社員は副業禁止じゃありません【禁止する会社がオワコン】

今回はこれでおわりにします。
契約社員で将来が不安なら、正社員に転職するのは「ひとつの手段」です。

とはいえ、あなたが自分自身の人生において「どうありたいか?」を考えていないと、無意味になってしまいます。

自分の人生なので、納得したものにあなたの手でしていきましょう。ぼくも、その道のりの最中です。一緒に頑張りましょうd( ̄  ̄)

人気記事【厳選】自己理解・自己分析におすすめな本5冊【”価値観”を見極めよう】