契約社員で「更新の話がない」ときの対処法3つ【雇い止めに負けないコツ】

働き方・あり方

  • 契約社員で働いてるけど、契約更新の話がない…まさか雇い止め?!
  • いつごろまでに話がされるんだろう?契約更新をされない理由って何?
  • もしも仮に雇い止めをされたら、どうしよう…人生詰みそう…(´Д` )

こんな悩みを解決する記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

販売員時代に、同僚で「契約更新の話がこないこと」が原因でメンタル不調に陥り、1年経たずに辞めてしまった人がいました。

契約社員にとって、更新の話がこないことは「Dead or Alive」な状態になり、メンタル不調にもつながる危険性があります…(´Д` )

この記事の結論

契約社員で「更新の話がこない」ときの対処法は下記3つですね。
①上司に更新について話を聞く
②スキルや何かしら勉強をする
③常に市場動向を確認しておく
自分から動ける人が勝つと思います。他人から触発されてからでは手遅れなので、自発的なアクションが重要。

上記のとおり。
共通することは、自分から動いていくことです。それがイチバン大事( ̄^ ̄)ゞ

この記事の内容

  • 契約社員で「更新の話がない」ときの対処法3つ
  • 雇い止めをされたときは、何をすべきか【負けないコツ】
  • 重要なのは、自分の「モビリティ」を上げることです

契約社員で「更新の話がない」ときの対処法3つ


繰り返しですが、下記3つです。

  • その①:上司に更新ついて話を聞く
  • その②:スキルや何かしら勉強をする
  • その③:常に市場動向を確認しておく

その①:上司に更新ついて話を聞く

まずは、直属の上司に相談をしてみましょう。

契約更新についての情報を持っているかもしれません。良い人であれば、率先して協力してくれる可能性もあります。

余談ですが、直属の上司より先に「上司の上司」に相談するのはやめておきましょう。直属の上司との信頼関係にヒビが入るかもしれません。

販売員時代にそういった人がいて、超険悪ムードになってました…(ーー;)

その②:スキルや何かしら勉強をする

個人的には、これが最重要だと思います。

勉強することは、自分の興味があることを深堀りするなどでOK。役に立つことだけを追い求めても、自分の適性にあってなければ苦痛なだけなので、やってて楽しいと感じるものをやりましょう。

そのためには「とりあえず動いて、とりあえずやってみる」のが大事です。

例えば、僕の場合は「ブログ運営」でしたね。一人でコツコツできますし、シンプルに楽しい。「せどり」とか「プログラミング」もやりましたが、肌に合わずに1ヶ月で止めてます。

そんな感じで、まずはやってみましょう\(^o^)/

その③:常に市場動向を確認しておく

要するに「いつでも転職活動をしておこう」ってハナシです。

  • 転職サイトを眺めてみる
  • 「自己分析」や「転職」の本を読む
  • 履歴書・職務経歴書を書いてみる

具体的には、上記の感じでOK。

例えば「どんな求人があって、何に惹かれたのか」を書き留めておいておくだけでも効果はあります。そこから「あなた自身が大事してること」の分析につながり、自己分析を進めるときの材料になるからです。

あとはダイレクトリクルーティングサイトなど、スカウト機能がメインの転職ツールも使うとよりGOODです。

  • Green…IT分野の企業がメイン。SaaS事業会社などから連絡がよくくる
  • Wantedly…「この先やってみたいこと」を登録すると、「その考えが企業理念に合うかどうか」という判断軸で企業からスカウトがくる
  • キャリトレ…AIが自動でレコメンド求人を毎日紹介し、企業からの直接スカウトもある。20代メイン。

希望の業界・業種などを登録しておけば勝手に求人が送られますので、自分で探す手間が省けてコスパは良いですね。

それと、合わせて転職エージェントを利用して情報を集めておくのも有効です( ̄^ ̄)ゞ
»契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

ちなみに、転職エージェントは「転職に便利なツール」という意識で付き合うと良いですよ。完全な依存体質で使おうとすると「カモ」になりやすいので、付き合い方には要注意ですね。

よくある疑問:更新されないのは能力不足だから?

ぶっちゃけ、一概にそうとは言い切れません。

長くなるので詳細は割愛しますが、確認するべきは「雇用契約書」に書かれている内容です。
»契約社員が「更新しない」と言われるワケ【能力不足だけじゃない / 雇用契約書がミソ】

雇い止めをされたときは、何をすべきか【負けないコツ】


もし仮に「雇い止め」をされたときにすべきことを、書いていきます。

まずは、正当性を確認しよう

何を見るべきかといえば、雇用契約書ですね。

そこに書かれていることが、全ての判断基準になっておりまして、「契約更新」について下記の感じで書かれているはず。

  • 更新期間について(「3ヶ月・半年・1年」など)
  • 更新の有無について(「自動更新・可能性あり・しない」など)

上記のとおり。

例えば「半年ごとの契約」で「更新の可能性あり」とあれば、入社して半年経っていて雇い止めをされた場合は、企業側に正当性があると判断される感じです。

しかし、難しいのが「会社ごとに判断のポイントが異なる」ということ。雇い止め関連で裁判が起きることがありますが、原因はこの「見えないこと」についてであることが多いです。

判断基準は、企業ごとに異なる

記載内容がすべて同じ会社だとしても、判断基準は会社によって異なるのが現状です。

  • 日々の勤務態度
  • 業務の処理能力
  • 業務の進捗状況
  • 企業の経営状況
  • コミュニケーション能力

こんな感じで、判断基準が「定量的なこと」ではなく「定性的なこと」であることが多いです。

ぶっちゃけ、こういったことは弁護士を頼んで解決すべきだと思います。なので、近くの弁護士事務所をググってくださいm(_ _)m

重要:自分の「モビリティ」を上げよう

この記事で一貫して伝えたかったメッセージは2つ。

  • その①:常に動ける準備をしておくこと
  • その②:自発的にアクションを起こすこと

モビリティとは「動きやすさ」とか「流動性」という意味ですが、超重要だと思います。というのも、契約社員で『ここでずっと頑張るんだ!!』というマインドセットを持つことは、かなり危険だから。

契約社員は”いつ切られるか”が不透明で先が分かりませんし、そもそも契約社員が多い企業はコストをかけたくない意思がウラにあったりするので、キャッシュ(=お金)がないことも考えられます。

不安定な身分であることは分かりきってるからこそ、自分から行動していくことが大事です。自分自身の「モビリティ」を上げていきましょう。

モビリティをあげるための方法

『じゃあどうやって上げればいいの?』と思うかもですが、記事前半で書いた「その②:スキルや何かしら勉強をする」「その③:常に市場動向を確認しておく」をすればOK( ^ω^ )

チャンスの神様は前髪しかないという言葉は有名ですが、なぜ前髪だけかといえば、過ぎ去ってからでは掴めないからです。チャンスが来た”その瞬間”に掴まなければ、2度と同じチャンスはやってきません。

ピンチはチャンスです。
そして、チャンスは常に動いている人が掴めます。まずは、小さくてもいいので動いておくことをオススメします。

さいごに:関連記事を貼っておきます

ってことで今回は以上なので、関連記事を貼っておきます。

更新されない理由について


自己分析のヒントをくれる本

自己分析をサポートしてくれるサービス

契約社員向けの転職エージェントについて

人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】