【簡単】デジタルファッションについて情報収集するコツ【結論:英語でリサーチする】

DIGITAL FASHION

こんにちは、kogarashiです。

ブロガーをしたり、Twitterでデジタルファッションについて情報発信をしたり、デジタルファッションをCLOを使って作成したりしています。

さて、今回は「デジタルファッションについての情報収集のコツ」がテーマです。
まずは次のツイートをご覧ください。


上記のとおり。
なぜ英語が重要かというと、日本より遥かに進んでいるからです。なので「英語で調べる」というアクションが必要になります。

この記事の内容

  • デジタルファッションについて情報収集するコツ
  • デジタルファッションで個人が稼ぐ方法

デジタルファッションについて情報収集するコツ


翻訳サイトなどを使えば、結構ちゃんと情報収集はできます。
DeepLという翻訳サイトは高精度くおすすめです。

ニガテ意識を持たず、サクッと行動しましょう!

デジタルファッション情報にまつわる現状

ぶっちゃけ、日本語での情報は皆無と言っていいレベル。

あるっちゃありますが、断片的であったり、ニュースとして表層的なことしか書いてなかったり。そんな感じです。

よって、デジタルファッションについて深く知るためには、英語でリサーチすることが大切になります。

SNSも同時に使おう

なお、SNSのほうが「情報の新鮮度が異次元に高い」です。よってググりながらTwitterなども使っていくことが効果的です。

SNSはハッシュタグで検索することができます。

僕が使うハッシュタグ一覧

  • nftfashion
  • digitalfashion
  • Web3fashion
  • 3Dfashion
  • metaversefashion

これらでよく”タグり”ます。

ポイントは海外アカウントがよく使うハッシュタグを使うこと。日本語でやってもリーチできる情報が限定的になります。必ず「英語」でタグるべし!

英語でリサーチするときの注意点

不確定要素が多いことですかね。

そもそもNFTやデジタルファッション界隈は、とても新しい領域です。なので、まだよく分からないことも多々あるんですよね。鵜呑みはNG。参考程度にしつつ、併せて日本語でも調べてみるのがベターだと思います。

その際は、やはり「Google」ではなく「SNS」がいいでしょう。先程も書いたとおり、情報の新鮮度が違うからです。

Google検索は便利ですが,どうしても「タイムラグ」が起こりやすい。なので、SNSと比べると情報の新鮮度が劣ってしまいます。

また、どうしても海外アカウントは「詐欺っぽい輩」もいます。ムダに”いいね”をしてしまうと、そこからDMがきてしまうこともありえるので要注意です。

重要:アウトプットも一緒にしよう

ググりつつ、色々な情報や知識を「インプット」することは大切です。とはいえ「アウトプットありき」でのインプットのほうが大切だと思います。

例えば「本を読んだけど、丸1日たったら忘れた」という経験は、誰しもがあるでしょう。それはそのハズ。人間の記憶は時間が経つにつれてどんどん失われるからです。

  • SNSに投稿
  • noteに執筆
  • ブログの記事
  • スマホにメモる

これらを僕は駆使して、常にアウトプットしています。

受け身でいては、情報は次第に脳から消えていきます。アウトプットしつつ、インプットしましょう。

デジタルファッションで個人が稼ぐ方法


NFTを活用するのがベストです。

  • その①:NFTファッションを作り、販売する
  • その②:NFTファッションを買い、転売する

このどちらかです。
なお、詳しい方法についてはNFTアートの始め方を「5ステップ」で完全解説する【丸パクリでGO!】で超網羅的にまとめています。

さいごに:ファッションで誰もが稼ぐ未来がくる

今後はNFTを活用したWear-to-earnが当たり前になってきます。

Wear-to-earnとは、要するに「デジタルファッションを楽しみつつ稼ぐ」といったイメージ。NFTとファッションはとても相性が良く、数年後にはデジタルファッションで稼ぐことも当たり前になっているでしょう。

詳細は【最新】Wear-to-earnについて日本最速で解説する【アパレルの未来】で解説しています。ちなみに、こちらも「英語でググりまくって情報収集して書いた記事」です。

稼ぐ・稼がないどちらにしても、デジタルファッションは世界的トレンドであり、絶対に知っておくべき事象です。これを機にリサーチして、未来の世界をワクワクしつつ作っていきましょう٩( ᐛ )و