契約社員に求められることは「鬼労働」です【1年間は、歯車になれ】

契約社員になる

  • 契約社員に求められることって何だろう
  • 契約社員だから、そこまで求められないよね?
  • どういったことを意識して働くのが良いんだろう…

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後、転職し「契約社員の販売員」として1年半ほど働きました。

転職前のぼくは、契約社員に楽観的なイメージを持っていました。あなたも「求められること」をふわっとしたイメージで、いるかもしれませんね。

この記事の結論

契約社員が企業から求められることは「鬼労働」です。ぶっちゃけ、仕事に関して、正社員との違いはそこまでありません。業務レベルも責任も、イチ正社員のそれと大差はない。1年くらいは歯車として働きつつスキル・経験を積めば、1年前の自分より遥かにレベルアップしてると思いますよ。

上記のとおり。
大変ですが、1年ほど「鬼労働」することで、かなりレベルアップできるはずです。

この記事の内容

  • 契約社員に求められることは「鬼労働」です【1年間は、歯車になれ】
  • 意味のない「鬼労働」もある
  • 「鬼労働」しつつ、意識すること

契約社員に求められることは「鬼労働」です【1年間は、歯車になれ】


1年ほど歯車として「鬼労働」しつつ、あなたの資産になる労働をするのがベストです。

あなたの資本は「労働力」

”資本”と書くとカタいかもですが、全ての働く人は「自分の時間+労働力」を会社に買ってもらうことで、その対価として「給料」をもらっています。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト
  • パート

上記のように、いろいろな雇用形態があります。

しかし、これらすべては基本的に「自分の時間+労働力」が売り物になります。「カラダが資本」という言葉を聞きますが、正にそのとおりです。

その”資本”に最大限のレバレジをかけることを企業は求めてるわけでして、つまり「会社のために鬼労働しろ」となります。

企業にとっての「契約社員」とは

ぶっちゃけ、正社員と同じく「イチ社員・イチ労働力」でしかありません。

面接の難易度も、正社員とのそれと、そこまで大差ありません。企業により「契約社員=コマ」と切り捨てるところもあるようですが、正社員も同じです。

意味のない「鬼労働」もある

ちなみに「鬼労働」をするにしても、あまり意味のないものはあります。

  • 単純作業系の仕事
  • バイトみたいな仕事

上記2つ。これらを、思考停止で続けるのはアウトです。

単純作業系の仕事

単純作業系の仕事だと、この先はAIが代わってやる仕事が多くなるでしょう。

たとえば、事務処理・計算処理などですね。あとは「マニュアル化が徹底されてる仕事」もそうです。

バイトみたいな仕事

具体的には、下記の特徴がある仕事です。

  • 日々の仕事に変化がない
  • 仕事の範囲が限定的すぎる
  • 「時間の切り売り」で稼ぐ

これらは正社員・契約社員に関係なく、将来が先細る可能性がかなり大きい。数年続けたところで、何も拡張性がありません。

本業でダメなら、副業すればOK

本業が「鬼労働」に適してない仕事なんだけど、どうすれば良いの?

こういった声もありそうですが「副業」すればOK。

意識すべきは「ストック型の副業」でして、要するに「寝ててもお金が入ってくるもの」です。

たとえば、ぼくが運営する本ブログサイトも「ストック型の副業」です。広告収入などが、ぼくが寝てる間に”チャリン”と入ってきます。ブログのほかにもYouTubeなども「ストック型の副業」です。

無料で始められますし、チャレンジする価値はあるかと。
»【簡単】契約社員が、副業で稼ぐためのコツ【目先のカネより、未来の資産】

また、本業と副業を完全に独立させてしまうのも、いいと思います。

  • 本業…「収入を得るためのもの」と割り切る
  • 副業…「スキル・実績・経験」を積むためにやる

上記のとおり。
お好きなパターンを選んで、行動してください。

注意点もある

下記2つです。

  • 時間の切り売り労働
  • 初期費用がマストな副業

たとえば、休日に居酒屋バイトをするのは「時間の切り売り労働」でして、価値のある労働とは言えません。また、初期費用がウン十万円かかるなど、無駄に金がかかるものもNG。シンプルに”詐欺”です。

副業についての概要をまとめると、下記のとおり。

  • 概要⑴:ストック型の副業をすること
  • 概要⑵:本業と副業を完全分断するのもOK
  • 概要⑶:初期費用は、なるべく抑える

ちなみに具体的な副業については[副業 おすすめ]などでググってください。情報は死ぬほど出てきます。

「鬼労働」しつつ、意識すること


結論は「スキルアップ」です。己の武器を、磨きましょう。

事実:契約社員も、スキルアップは可能

つまり「契約社員でも、資産になる労働はできる」ということです。

資産になる労働とは、あなたのキャリア上でベースとなり、なおかつ「他企業に移っても活用できるスキル」ということです。

  • 営業→営業スキル
  • 販売→販売スキル
  • ライター→ライティングスキル
  • デザイナー→デザインスキル
  • 事務員→「Office系ソフト」の操作スキル

これらを極めてしまえば、いわゆる「手に職がある状態」です。業界に関係のないベーススキルがあることで、どんな企業からも評価されます。

また、最近だと「代行業」を展開する企業も増えてきています。なので、その辺りを狙って転職する・副業としてやるのも、ひとつの手段です。

  • 営業として働いてる→営業代行
  • 事務員として働いてる→事務代行・オンライン秘書
  • 清掃員として働いてる→家事代行
  • 保育士として働いてる→ベビーシッター
  • 人事系の業務をしてる→採用代行・退職代行

たとえば、上記のとおり。ググってみると、代行業はかなりレンジが広く、しかも未経験OKなので取っつきやすいです。
»ニーズ高まる代行業とは?家事やデリバリーなど、副業で人気の代行業15選

注意:スキルアップしても、正社員にはなれない

ただ、誠に残念ですが、、、
今の会社で「鬼労働」してスキルアップしても、正社員になれる確証はありません。

正社員登用の実績がある企業ならOKですが、あいまいな査定基準な企業なら、サクッと転職をするほうが効率的です。
»【悲報】契約社員はスキルアップしても、正社員になれない【転職すればOK】

スキルアップしつつ、情報発信もする

そして、スキルアップしつつ「情報発信をすること」も大事です。

質問:あなたの同僚は、情報発信をしてますか?

周りを見てください。そんな人はいますか?

実際、サラリーマンの9割は「情報を受け取る側」です。能動的に「情報を発信する側」ではないはずです。

たとえば本サイトは「契約社員についてをメインに発信」していますが、やってる人が皆無でした。なので、ぼくはコツコツと継続しています。

発信すると、知識をもっと深掘りしていきたくなり、勉強にもなります。それが、本業にプラスに働くという好循環を生み出せるかもしれません。

また、情報発信する媒体も現代は選び放題です。最高ですね\(^o^)/

  • SNS
  • ブログ
  • YouTube
  • ラジオ
  • note・Brain

ほんの一部ですが、これらはすべて「無料」で利用できます。インプット・アウトプットを同時並行で行えるため、やらない理由がありません。

おわりに:これから契約社員になる人へ

ってことでおわりますので、記事内容をまとめます。

  • その①:契約社員に求められることは「鬼労働」です
  • その②:「鬼労働」ではなく、副業もしつつが一層good
  • その③:「鬼労働」しつつ、スキルアップを意識する

以上です。

最後に、これから契約社員になろうとしてる人向けの「将来を考えるための記事」をいくつか貼っておきます。ぜひ、ご参照くださいm(_ _)m


人気記事契約社員向けの転職エージェントは無い。しかし「おすすめ」は存在する。

人気記事契約社員専門に、キャリア相談も受付中【経験者が、寄り添います】