【悲報】契約社員の「責任がどこまであるか」は決まってない【成長するチャンス】

Contract employee

  • 契約社員の責任範囲はどこまで?
  • 責任が軽そうだから、契約社員を選んだのに…
  • 契約職務とちがう仕事も振られて、困ってます

こんな人向けの記事です。

どうも、くしかつ(@ucustein)です。
新卒で入社した会社を4ヶ月で退職、その後に「契約社員の販売員」へと転職しました。

契約社員なのに責任が重い。
『それなら、さっさと正社員にしてくれよ!!!』と思ってしまいますよね。ぼくが契約社員だった時は、常にそう思ってました。

この記事の結論

「契約社員の責任範囲がどこまでか」というのは法律で明確な規定がなく、会社ごとに変わるのが現状です。とはいえ、責任がのしかかるのは「成長のチャンス」にもなります。できるなら、自分から掴みとりましょう。「会社=自己研鑽のハコ」と捉えると、仕事へのやる気もアップします。

上記のとおり。
契約社員の責任範囲がどこまでなのかは、明確に決まってません。

いわば「グレーソーン」です。

この記事の内容

  • 契約社員の「責任がどこまでか」は決まってない【正社員との違いとは…】
  • 責任がかかる→成長するチャンス
  • 会社は「自己研鑽のハコ」と捉える

契約社員の「責任がどこまでか」は決まってない【正社員との違いとは…】


残念ながら「責任がどこまでか」は、決まってません。『正社員と契約社員の違いとは…』と感じてしまいますよね(´Д` )

法的な縛りはない

契約社員の責任範囲について「法的な縛り」は存在していません。

もはや、契約社員というワードそのものが定義されてないのが実情でして、有期雇用であることだけが、法的に定義付けられています。

  • 仕事内容
  • 労働時間
  • 責任範囲

これら諸条件については、会社ごとに異なります。

「雇用契約書」を確認しよう

見るべきは「雇用契約書」でして、それがエビデンス(=証拠)になります。

責任範囲についての記載があれば、それをもとに反抗することは可能です。

補足:ほとんどは、記載がない

とはいえ、契約社員の仕事内容・労働時間・責任範囲は、かなりレンジが広め。

派遣社員はそれらが記載されキッチリ決まってますが、契約社員はそうでもありません。派遣社員と同じ感覚で『責任は、そんなに重くないでしょ〜』とか思ってる人がいるかもですが、現実は違いますよ。

契約社員は、曖昧な存在

ぶっちゃけ、契約社員は「曖昧な立ち位置の雇用形態」だと思ってます。

アルバイト以上・正社員以下みたいな感じです。

派遣社員ほどハッキリとした「業務規定」もなく、責任範囲・業務範囲も曖昧です。

  • 「正社員になれるかもしれない淡い期待」
  • 「いつ契約が切られるかの恐怖」

上記2つが共存してて、”宙ぶらりんな状態”ってイメージです。

曖昧なら、全力でフルスイングすべき

とはいえ、正社員でも「アルバイト並みの仕事」をすることはあります。

スーパーなどは、その典型例です。
大学時代にバイトしてましたが、発注など以外は簡単な軽作業が多いと勤続15年目のベテラン正社員がいってました、、、(´Д` )

”宙ぶらりん”の存在な契約社員でも、頑張って行動してスキル・経験をつめば、それが「資産」になります。なので、契約社員の責任範囲について一旦考えず、自分のためになると日々の業務に取り組むのはありかと。

ってことで、次の章でその点について触れます。

責任がかかる→成長するチャンス


ぶっちゃけ、大チャンスです。

バイトみたいな契約社員もいる

先述したように、正社員でも「アルバイト並みの仕事」をしてる人はいます。

同じく、契約社員として入社しても「アルバイト並みの仕事」しかできない人も、世の中には多いです。

そんな中で「契約社員だけど責任ある仕事ができる」のは、大チャンスだと、個人的には思っています。

仮に3年の契約期間で、昇給・昇格・正社員登用なしの条件だったとします。

  • Aさん→ガムシャラに働き、成果も出し、汎用性のあるスキルも取得
  • Bさん→給料だけを楽しみにテキトーに3年働き、”つなぎ感覚”でいる

どうでしょう?
圧倒的にAさんの方がマーケット感覚もつかめて、市場価値が高まり、次の転職でもアピールポイントが増えるのは、明白ですよね。

一方、Bさんは何も得ていません。
「お金」はあるかもですが「3年分の時間」を失っています。

こんな感じで、成長機会とポジティブに捉えていくのも良いのではないでしょうか?

補足:”つなぎ労働”でも別にOK

ちなみに「つなぎで契約社員として働く」というのは、選択肢としては「あり」です。

ポイントは「次の仕事との関連性」になりますm(._.)m
»「つなぎで契約社員」はOKか【”関連性”と”経験を積むこと”を意識すればOK】

会社は「自己研鑽のハコ」

つまり、会社に依存するのではなく利用していこうよって話です。

これを、Linkedin日本法人代表の村上臣さんは「シナジー」と呼んでいます。

「シナジー」とは何かと言えば、会社と働く個人が良い意味でお互いを利用し合うということです。『転職2.0』

言い換えると、下記のとおり。

  • 会社(ハコ)→給与・成長の場を提供し、業務にコミットしてもらう
  • 個人(あなた)→労働力・時間を提供し、給与・成長の場をもらう

これが、シナジー効果です。

ハコで成長機会をもらったらフルコミットすれば、会社に利益が出て会社のためになります。加えて、あなたには(仮に実績が低くても)スキル・経験値が「資産」として、ストックされます。

発想を転換していきましょう。『良いように使われてる…』とネガティヴになるのは簡単です。もっと狡猾になって、利用するマインドでいてOKだと思いますよ。

具体例:自分の店を開くために入社

ぶっちゃけ、販売員に転職した時のぼくも、同じ考えでした。

  • 店舗運営のいろは
  • 在庫管理の仕方
  • SNS集客ノウハウ
  • 販売・接客ノウハウ
  • 商品買い付け

例えば、これらを学ぶために入社しました。

契約社員としてだったので不安はありましたが、中小企業だったので裁量権は大きく、働きがいもありました。

現在は「ネット×リアル店舗」の融合をベースにECサイト運営などに興味があります。とはいえ、販売員として経験は、確実に今のぼくの「資産」になっています。

おわりに:責任範囲は、あまり気にせずいこう

今回は、これくらいにしておきます。

まとめておくと、記事内容は下記のとおり。

  • その①:契約社員の責任範囲に法的な決まりはない
  • その②:会社により変わので、雇用契約書をまず確認
  • その③:責任がかかる→成長するチャンス
  • その④:「スキル・経験値」などが資産として残る
  • その⑤:会社は「自己研鑽のハコ」として利用する

責任範囲を気にしすぎずに、自分のために働きまくって自己研鑽しましょう。

関連記事も、ついでに貼っておきますm(_ _)m

人気記事【厳選】自己理解・自己分析におすすめな本5冊【”価値観”を見極めよう】